持続可能な社会をめざして

保全学会は、合理的かつ経済的な保全の計画・実施・評価を実現にむけて、社会と保全技術の関わりに関する情報発信し、非破壊検査・技術の向上と新技術の開発に貢献します。