原子力保全ハンドブック

原子力保全ハンドブック

クリックするとビュアーが開きます。
「•••」メニューからPDFダウンロードができます。

発行

2020.02.27

価格

33,000円(税込み)

本書は、原子力発電所(軽水炉)の保全に係る実践的な技術や知識等を体系的にまとめ、原子力発電に係る多くの関係者(規制当局、大学・研究機関、発電事業者、プラントメーカ、保全業務関係者 他)が活用できるように3編構成として編纂した。

【Ⅰ編 原子力基本工学】保全に必要な工学の基本事項を、原子力発電所における具体的事例を参照しながらわかりやすく解説している。
【Ⅱ編 原子力実践工学】原子力発電所で行われている保全の実務を、プラント保守管理に係る具体的事例を中心にわかりやすく解説している。
【Ⅲ編 保全の高度化】原子力発電所の新検査制度が2020年4月から施行されることを受け、これまでの検査制度の変革や新検査制度の特徴及び海外の事例等をわかりやすく解説している。
本書は、保全学会の設立理念である保全の体系化に向けた一里塚であり、原子力関係者の共通の技術書として広く活用されることを願う次第である。

―本書「発刊にあたって」より抜粋―

もっと見る