学会賞について

本会では、2009年度より、保全学の発展、普及、社会への貢献を奨励することを目的とし、保全に係る諸活動、成果及び本会、会員への貢献、本会の目的とする保全学の高揚に大きく寄与する者に授与する「日本保全学会賞」を設けています。受賞候補者は、個人または団体で原則として会員とします。

学会賞として、以下の6種類を設けています。

  1. 学術貢献賞(Award for Academic Contribution)

    学術の体系化、普遍化など学術の高揚に顕著に貢献したものに対して授与する。

  2. 先進実践賞(Award for Excellent Practice)

    最適な保全技術を先進的に実践し、あるいは高度な保全技術を発信し、良好な実績をあげたものに対して授与する。

  3. 功労賞(Award for Activity)

    国内外を問わず、学会の目的の活動に顕著に貢献したものに授与する。事業の推進、事業の運営、会員サービス、保全に係る教育および人材育成に貢献したものなども含む。

  4. 論文賞(Award for Excellent Paper)

    「保全学」誌あるいはE-JAMに投稿された技術論文、学術論文、分析論文の中から特に優秀なものに授与する。

  5. 奨励賞(Award for Remarkable Expectation)

    諸活動において、将来の貢献が顕著に期待されるものに授与する。原則として授賞日において40歳以下の個人を対象とする。

  6. 学術活動賞(Award for Excellent R&D)

    a.産学協同研究奨励賞(産学協同セッション)大学を中心とする研究機関からの論文募集(シーズ)により、産業界の要望(ニーズ)に適合し、将来の保全に生かされると期待されるものに授与する。
    b.学生研究学術講演賞(学生セッション)保全の分野での研究活動を行う学生を対象として、研究姿勢や将来の活動に大きく期待されるものに授与する。

申請及び認定

上記(1)~(5)については、毎年3月末日までに所定の功労賞推薦書もしくは先進実践賞推薦書を理事長に提出するものとし、推薦書に基づき学会賞選考委員会で決定し、理事会に報告します。(6)については学術講演会における発表論文に限り、学術講演会会場で選考の上決定します。

学会賞一覧

授与回 年度 氏名 所属 詳細ページ
12 2020 宮口 仁一 三菱重工業株式会社
11 2019 文能 一成 関西電力株式会社 詳細
10 2018 奈良林 直 東京工業大学 詳細
9 2017 林 司 
田口 耕世
中国電力株式会社
原子力損害賠償・廃炉等支援機構(元・株式会社東芝)
詳細
8 2016 高木 敏行
千種 直樹
東北大学
WANO東京センター(元・関西電力株式会社)
詳細
7 2015 鈴木 賢治
山下 和彦
新潟大学
東京パワーテクノロジー株式会社
詳細
6 2014 松井 三生
梅田 健夫
橋爪 秀利
中国電力株式会社
東北電力株式会社
東北大学
詳細
5 2013 山口 篤憲
野本 敏治
日本保全学会
溶接接合工学振興会
詳細
4 2012 伊藤 邦雄 日本エヌ・ユー・エス株式会社 詳細
3 2011 高松 洋
大内 全
青木 孝行
千葉科学大学
北海道電力株式会社
日本保全学会
詳細
2 2010 塚田 尚史
辻倉 米藏
小島 史男
株式会社日本製鋼所
日本原子力研究開発機構
神戸大学
詳細
1 2009 織田 満之
宮野 廣
山下 裕宣
元・日本原子力発電株式会社
東芝プラントシステム株式会社
ウツエバルブ・サービス株式会社
詳細
授与回 年度 氏名 所属 詳細ページ
5 2019 原子力リスク研究センター
フィルタベントシステム研究グループ
電力中央研究所  詳細
4 2018 原子力安全規制関連検討会チーム
地震工学領域 構造信頼性グループ
日本保全学会 
電力中央研究所 
詳細
3 2017 伊方3号機 再稼働プロジェクトチーム
原子力リスク研究センター 自然外部事象研究チーム
四国電力㈱
電力中央研究所 
詳細
2 2016 川内1,2号機 再稼働プロジェクトチーム
高浜1,2号機 高経年化対策推進プロジェクトチーム
九州電力㈱
関西電力㈱ 
詳細
1 2015 女川原子力発電所
東海第二原子力発電所
福島第二原子力発電所
福島第一原子力発電所
東北電力㈱ 
日本原子力発電㈱
東京電力㈱
東京電力㈱ 
詳細
受賞回 年度 タイトル・執筆者 関連リンク
10 2020 A consideration on the use of shear waves to improve the sensitivity of an optical ultrasonic sensor for under-sodium viewers
Koichi SARUTA (JAEA),
Takuma SHIRAHAMA (JAEA), Toshihiko YAMAGUCH (JAEA)I, Masashi UEDA (JAEA)
10 2020 Intergranular Strains of Plastically Deformed Austenitic Stainless Steel
Kenji SUZUKI (Niigata University), Takahisa SHOBU (JAEA)
10 2020 信頼性評価に基づいた原子力配管の保全手法の提案
町田秀夫 (テプコシステムズ)
10 2020 Ni基合金に対する応力改善効果の長期安定性評価(第1報,第2報)
于麗娜(大阪大学), 才田一幸(大阪大学), 西本和俊(大阪大学), 千種直樹(関西電力)
9 2019 Characterization of the Corroded Surface Morphology of a Carbon Steel Piping Elbow Affected by Flow-Accelerated Corrosion
Hiroshi ABE (Tohoku University), Yutaka WATANABE (Tohoku University), Makoto NAKASHIMA (Tohoku Electric Power), Tadashi TATSUKI (Tohoku Electric Power)
9 2019 原子力プラントにおけるレジリエンス評価法の開発(その3:レジリエンス指標の評価法と適用性に関する検討)
鈴木正昭(東京大学)、出町和之(東京大学)、 村井健太(東京大学)、 糸井達哉(東京大学)、 笠原直人(東京大学)、 宮野廣(法政大学)、 中村隆夫(大阪大学)、荒井滋喜(日本原子力学会)、 釜谷昌幸(原子力安全システム研究所)、 山口篤憲(日本保全学会)、 松本昌昭(三菱総合研究所)
9 2019 燃料デブリ取り出しに向けたジオポリマーの適用可能性に関する研究
酒井泰地, (東京大学)、 鈴木俊一, (東京大学)、 岡本孝司 (東京大学)
8 2018 A Research on Numerical Simulation of ACFM Signals for Nondestructive Inspection of Buried Pipes in Nuclear Power Plants
Xudong Li (Xi’an Jiaotong University) , Shejuan Xie (Xi’an Jiaotong University),
Hongwei Yuan (Xi’an Jiaotong University), Zhenmao Chen (Xi’an Jiaotong University), Toshiyuki Takagi (Tohoku University)
8 2018 Measurement of Flow Accelerated Corrosion Rate at an Elbow Pipe and Combination Effect of an Upstream Orifice
Yoichi UTANOHARA (INSS), Koichi KAMAHORI (INSS), Akira NAKAMURA (INSS), Michio MURASE (INSS)
8 2018 塑性率を考慮した静的震度設計の高度化による原子力発電所設備の耐震設計の多様化について
長澤和幸(東京電力HD)、飯島唯司(日立GENE)、奈良林直(北海道大学)
7 2017 Maintenance Index for System Safety Assessment for Aging Nuclear Power Plant
Kazuyuki DEMACHI1 (The University of Tokyo) , Hiroshi MIYANO (Hosei University) , Shigeki ARAI (Atomic Energy Society of Japan) , Masaaki SUZUKI (The University of Tokyo),
Tatsuya ITOI (The University of Tokyo), Atsunori YAMAGUCHI (Japan Society of Maintenology), Kenta MURAKAMI (The University of Tokyo), Masaaki MATSUMOTO (Mitsubishi Research Institute)
7 2017 Fatigue Damage Management Based on Postulated Crack Growth Curve
Masayuki KAMAYA(INSS)
Takao NAKAMURA(Osaka University)
7 2017 高温磁気センサの開発
高屋茂(日本原子力研究開発機構)、荒川 尚(日鉄住金テクノロジー)、欅田 理(日鉄住金テクノロジー)
7 2017 原子炉底部管台向け渦電流探傷システムの開発
小林徳康(東芝)、上野聡一(東芝)、千田格(東芝)、落合誠(東芝)、藤田友基(東芝)、市川博也(東芝)
6 2016 Fracture Toughness Curves of Japanese Reactor Pressure Vessel Steels considering Neutron Irradiation Embrittlement
Kentaro YOSHIMOTO (Mitsubishi Heavy Industries, Ltd), Takatoshi HIROTA (Mitsubishi Heavy Industries, Ltd ), Hiroyuki SAKAMOTO (Mitsubishi Heavy Industries, Ltd )
6 2016 レーザー加工トーチを用いた配管表面肉盛溶接技術の研究
寺田隆哉(日本原子力研究開発機構)、西村昭彦(日本原子力研究開発機構)、岡清(OKファイバーテクノロジー)、森山拓(三井化学)、松田宏康(三井化学)
6 2016 大規模計算機シミュレーションを用いた表面加工による残留応力改善保全策の長期信頼性評価手法の構築
瀬良健彦(関西電力)、中野守人(関西電力)、平野伸朗(関西電力)、千種直樹(関西電力)、岡野成威(大阪大学)、望月正人(大阪大学)
5 2015 Visualization and Quantitative Evaluation of Stress Corrosion Cracking Using the Three-Dimensional Phased Array Ultrasonic Technique
So KITAZAWA (Hitachi, Ltd.), Naoyuki KONO (Hitachi, Ltd.), Atsushi BABA (Hitachi, Ltd.), Katsumi ISAKA (Hitachi-GE Nuclear Energy, Ltd.), Hidetaka KOMURO (Hitachi-GE Nuclear Energy, Ltd.),Mitsuru ODAKURA (Hitachi-GE Nuclear Energy, Ltd.),Kazuya EHARA (Hitachi-GE Nuclear Energy, Ltd.), Yasuhiro NIDAIRA (Hitachi-GE Nuclear Energy, Ltd.), Yutaka KOMETANI (Hitachi-GE Nuclear Energy, Ltd.), Takeshi KUDO (Hitachi, Ltd.,), Osamu KIKUCHI (Hitachi Power Solutions Co., Ltd)
5 2015 FBGセンサによる高温環境下原子炉配管変形計測用歪み・温度モニタリング技術の開発
小林喬郎(オプテレ)、猿田晃一(日本原子力研究開発機構)、福元謙一(福井大学)
4 2014 Method for Thinning Shape Evaluation of Elbow due to LDI and Representative Thinning Shape for Seismic Evaluation of Eroded Elbow
Ryo MORITA(CRIEPI),Fumio INADA(CRIEPI), Michiya SAKAI(CRIEPI), Shin-ichi MATSUURA(CRIEPI), Shigenobu ONISHI(Chubu Electric Power Company), Mitsuo KUGIMOTO(Chubu Electric Power Company)
4 2014 Study on the Structural Integrity of RPV Using PFM Analysis Concerning Inhomogeneity of the Heat-Affected Zone
Koichi MASAKI (JAEA), Jinya KATSUYAMA (JAEA), Kunio ONIZAWA (JAEA)
4 2014 応力改善工法で付与される圧縮残留応力の持続性
西川 聡(発電設備技術検査協会)、大北 茂(発電設備技術検査協会)、山口 篤憲(発電設備技術検査協会)
4 2014 原子力発電所における保全計画の最適化検討
青木 孝行(保全学会)、児玉 典子(IIU)、高瀬 健太郎(IIU)、宮 健三(IIU)
3 2013 Simulation of Ultrasonic Fields and Echoes Obtained Using Angle Beam Transducer by Hybrid FDTD Method
Tomonori KIMURA (Mitsubishi Electric Co.), Shusou WADAKA (Ryoden Shonan Electrics Co.)
3 2013 Strain Monitoring and Defect Detection in Welded Joints by Using Fiber-Optic Distributed Sensors with High Spatial Resolution
Hideaki MURAYAMA (The University of Tokyo), Kohei OHARA (The University of Tokyo), Nozomi KANATA (The University of Tokyo), Kazuro NAGEYAMA (The University of Tokyo), Hirotaka IGAWA (The University of Tokyo)
3 2013 電磁超音波共鳴法による配管減肉のオンラインモニタリング
浦山良一(東北大学)、内一哲哉(東北大学)、高木敏行(東北大学)、兼本茂(会津大学)
3 2013 2次元検出器による内部ひずみ評価法
鈴木賢治(新潟大学)、菖浦敬久(日本原子力研究開発機構)、城鮎美(徳島大学)、豊川英訓(高輝度光科学研究センター)
2 2012 An Activity theory-based approach for industrial trouble analysis and its application to similarity evaluation beyond the superficial resemblance
Hiroshi NARAZAKI (Production Systems laboratory, Kobe Steel), Takashi FUKUSHIMA (Production Systems laboratory, Kobe Steel), Tetsuo SAWARAGI (Kyoto Univ.)
2 2012 Computational Methods in Nondestructive Evaluation: A Revolution in Maintenance
Jeremy KNOPP (United States Air Force Research Laboratory), John ALDRIN (Computational Tools), Eric LINDGREN Enrique MEDINA (United States Air Force Research Laboratory), Mark BLODGETT (United States Air Force Research Laboratory)
2 2012 固相接合を用いた電磁非破壊検査のための模擬応力腐食割れ試験体製作技術
遊佐訓孝(東北大学)、内一哲哉(東北大学)、高木敏行(東北大学)、橋爪秀利(東北大学)
2 2012 電磁診断技術による転がり軸受の劣化進展過程の計測及び診断
馬渡慎吾(日本原燃)、角皆学(IIU)、高瀬健太郎(IIU)、萱田良(IIU)、宮健三(法政大学)
1 2011 Effects of Dissolved Hydrogen Content in PWR Primary Water on PWSCC Initiation Property
Koji DOZAKI (JAPC), Daisuke AKUTAGAWA (JAPC), Nobuaki NAGATA (JAPC), Hideki TAKIGUCHI (JAPC), Kjell NORRING (Studsvik Nuclear AB)
1 2011 Monitoring System for Pipe Wall Thinning Management using Electromagnetic Acoustic Transducer
Daigo KOSAKA (Kobe Univ.), Fumio KOJIMA (Kobe Univ.), Hiroshi YAMAGUCHI (Kobe Univ.), Kosuke UMETANI (Kobe Univ.)
1 2011 オーステナイト系ステンレス鋼溶接継手の金属組織と残留応力に及ぼす実機での高温長時間使用および補修溶接の影響
小原智史(日本原子力研究開発機構)、高屋茂(日本原子力研究開発機構)、若井隆純(日本原子力研究開発機構)、浅山泰(日本原子力研究開発機構)、鈴木裕士(日本原子力研究開発機構)、齊藤徹(神戸工業試験場)、LaurentMartin(フランス原子力庁)
1 2011 ステンレス鋼のIASCC感受性と磁気特性の相関性に関する研究
根本義之(日本原子力研究開発機構)、欅田 理(日鉄住金テクノロジー)、内一哲哉(東北大学)、高屋茂(日本原子力研究開発機構)、塚田隆(日本原子力研究開発機構)