活動紹介

活動紹介

保全学の構築

‐合理的かつ経済的な保全の計画・実施・評価を実現‐
  • 保全の体系化
  • 保全計画の最適化
  • 保全コストの最適化

学術・啓発活動

‐保全および保全と社会の関わりに関する調査研究・情報発信‐
  • 受託研究・自主研究の実施
  • 学術講演会の開催
  • 保全セミナー・シンポジウムの開催
  • 学会誌「保全学」の発行
  • 他学協会との連携
  • 産官学間の情報交換
  • 保全および保全と社会の関わりに関する情報交換

調査・研究活動(2019年度)

‐保全の高度化と新技術の開発‐
  • 状態監視技術の高度化に関する調査検討分科会(CMT分科会)
  • 廃止措置プラントを活用した保全高度化技術検討分科会(OMD分科会)
  • ブランケット冷却配管溶接部における超音波探傷試験による欠陥検出試験分科会(ITER分科会)
  • 原子力発電所の保全情報等に係る調査委託
  • 高速炉の保全最適化に関する検討
  • 原子力安全規制関連検討会 
  • 保全標準化推進検討会
  • 事故・故障事例検討会
  • 核融合中性子の高度利用による消滅処理検討会
  • 原子力保全ハンドブック検討会
  • AI保全検討会
  • 保全アーカイブ検討会

国際協力

– 先進的な保全方式の普及およびアジア・米国・欧州との連携-
  • International Conference on Maintenance Science and Technology (ICMST) の開催
  • Maintenance Science Summer School(保全科学サマースクール)の開催
  • 英文オンラインジャーナル(E-Journal of Advanced Maintenance:EJAM)の出版
  • 国際会議の推進(ENDE、ISEM、NDE国際会議など)