加圧水型原子力発電所 開発の歩み

- 開発過程から得た教訓 -

加圧水型原子力発電所開発の歩み

クリックするとビュアーが開きます。
「•••」メニューからPDFダウンロードができます。

発行

2017.02.20

価格

2,970円(税込み)

我が国において、加圧水型原子力発電所の初号機導入から今日に至るまで、多くの研究開発やトラブルから得た知見をその都度既設機にも反映し、安全性、信頼性の向上に努めてきている。これらの過程を経て日本型の標準プラントが開発され、成熟した原子力利用を達成するため、安全性、信頼性、運用性、経済性の観点から、完成度の高い発電システムが形成されてきている。
本書は、今日までに経験してきた主要なトラブルをプラント全体に亘り総括し、その中から継承しておくべき項目を選定して解説したものでる。具体的には、工学的安全システム性能や蒸気発生器伝熱管、原子炉冷却材圧力バウンダリ、炉内構造物や燃料、タービン、2次系配管などの腐食や損傷および機械的・熱的・流動的荷重による設備の損傷、作業管理に関わる問題および共通的なトラブル要因についての考察などである。

―本書「はじめに」より抜粋―

もっと見る