保全学 Vol.12 No.2

会誌保全学Vol.12 No.2

クリックするとビュアーが開きます。
「•••」メニューからPDFダウンロードができます。

発行

2013.07.10

価格

2,619円(税込み)

巻頭言:「保全」再考〜福島第一原発事故の教訓から〜
(明治大学法学部 准教授 勝田 忠広)

 定期刊行誌「保全学」のスコープ  
巻頭言
「保全」再考 ~福島第一原発事故の教訓から~勝田 忠広1
特集連載 学会長対談
特集「現在と未来の原子力」

第8回 北陸電力 西野彰純 常務に聴く
宮 健三2
特集 大学紹介(9)
金沢大学理工研究域サステナブルエネルギー研究センター瀧本 昭6
特集 技術紹介 除染活動の紹介(3)
除染活動の紹介(3)

遠隔放射線モニタリング技術の開発
眞田 幸尚・鳥居 建男10

特集 耐震/断層(1)

耐震/断層(1)

敦賀発電所敷地内破砕帯評価の現況について
星野 知彦・古谷 賢16
解説記事
国際原子力機関(IAEA)による女川原子力発電所耐震調査若林 利明23
保全学会活動報告
米国における新設原子力プラント建設の現状飯田 將人29
日本保全学会 第10回総会報告 山口 篤憲32
第三回日本保全学会賞論文賞授賞論文決定石黒 純一・山口 篤憲・
小島 史男
36
各機関の動向
福島県における環境修復に向けた原子力機構の取組みについて小林 純一39
国際人の往来
A stay as visiting professor at Tohoku University, SendaiGerd Dobmann44
現場からの一言
伊方発電所第1号機 補助建家給気口修繕工事冨岡 昭宏47
廃棄物処理設備共用化工事に携わって中田 親秀48
海外便り
原子炉事故復旧と教訓レイク H. バレット49
保全の主役は現物澤田 義明41
随想
柏崎刈羽原子力発電所安全対策について横村 忠幸56
私論・試論・議論
ワインと規制のラポール亀山 雅司61
会議案内 日本保全学会 第10回学術講演会 プログラム63
保全科学サマースクールプログラム71
EJAM NEWS73
アカデミックカレンダー74
学術論文
渦電流試験法を用いた高温環境におけるき裂進展の定量的モニタリング内一 哲哉・糟谷 高志・高木 敏行・庄司 哲雄77
福島第一原子力発電所第1号機~第3号機の地震から津波来襲までの時系列評価(その1)小林 正英・奈良林 直84
学術論文等に対する投稿規程・執筆要項94
「保全学」誌編集委員会名簿96
編集後記97

もっと見る