保全学 Vol.9 No.1

会誌保全学Vol.9 No.1

クリックするとビュアーが開きます。
「•••」メニューからPDFダウンロードができます。

発行

2010.04.10

価格

2,619円(税込み)

 定期刊行誌「保全学」のスコープ  
巻頭言 
 保全と不易流行阪口 正敏1
特集連載記事 
 原子力発電所の高経年化技術評価~40年目の高経年化技術評価の概要~楠 丈弘2
解説記事 
【規制動向】 
 原子力規制を巡る最近の動向について大島 俊之9
【規格基準動向】 
 原子力発電所に関する最近の規格基準動向14
【保全技術一般】 
 軽水炉発電プラントの長期安定運用におけるプロアクティブ経年劣化対策と予知・予防保全庄子 哲雄17
【保全技術一般】 
 高経年化対策に関する国際協力の推進と戦略について平野 雅司・菅野 眞紀・小山 正邦23
技術論文 
 実機プラントの炉心シュラウドへのウォータージェットピーニング(WJP)適用とWJP施工後の残留応力測定大城戸 忍・椿 正昭・千葉 篤志・
佐川 渉・松田 徹
26
学術論文 
 オーステナイト系ステンレス鋼溶接継手の金属組織と残留応力に及ぼす実機での高温長時間使用および補修溶接の影響小原 智史・高屋 茂・若井 隆純・
浅山 泰・鈴木 裕士・齊藤 徹・
Laurent Martin
32
 SCC深さ測定PD試験受験者の技量評価笹原 利彦・直本 保・秀 耕一郎・
井上 裕嗣
39
 ハイブリッド計測による配管ヘルスモニタリング法の研究田川 明広・小島 史男45
技術論文 
 照射損傷評価のための遠隔操作式振動試料型磁力計の開発高屋 茂・山県 一郎・市川 正一・
永江 勇二・若井 栄一・青砥 紀身
51
保全学会活動報告 
 国際展開に向けて宮 健三・宮野 廣・青木 孝行・
高木 敏行・小島 史男
57
各機関の動向 
 三菱重工業 (株) 高砂研究所の研究開発への取り組み村田 和豊62
 (財)電力中央研究所における水力鋼構造物健全性診断への取り組み山本 広祐66
 発電設備の損傷評価に関する研究長谷川 宗司70
国際人の往来 
 保守高度化セミナー2009から米国原子力発電所保守の専門家の紹介伊藤 邦雄72
 国際化の動き「高経年化対策強化基盤整備事業 国際シンポジウムISaG2009」笠原 直人74
 日本滞在記Joël Courbon 77
会議報告 
 第2回「検査・評価・保全に関する連携講演会」野本 敏治・川合 忠雄・
鈴木 俊一
80
 JSME-ASME原子力規格基準ワークショップ浅山 泰83
海外便り 
 米国の原子力発電等関連予算動向と国際協力青野 健二郎・山近 英彦85
 EPRIとの研究協力滝沢 靖史89
随想 
 柏崎刈羽 排気筒耐震強化工事に従事して金銅 宏仁92
保全への提言 
 報道の深読みのすすめ織田 満之95
会議案内 日本保全学会 第7回学術講演会のお知らせ98
EJAM NEWS108
アカデミックカレンダー109
学術論文等に対する投稿規程・執筆要項114
「保全学」誌編集委員会名簿116
編集後記117

もっと見る