保全学 Vol.8 No.2

会誌保全学Vol.8 No.2

クリックするとビュアーが開きます。
「•••」メニューからPDFダウンロードができます。

発行

2009.07.10

価格

2,619円(税込み)

 定期刊行誌「保全学」のスコープ 1
巻頭言 
 保全学のさらなる発展を班目 春樹2
特集記事 
 EJAMの紹介-Electronic Journal of Advanced Maintenance-坂下 彰浩・宮   健三3
 機器故障率整備へのベイズ統計の利用 -日本原子力学会PSA用パラメータ分科会での検討-桐本 順広9
特集連載記事 
 六ヶ所再処理工場におけるトラブル等事例集について青柳 春樹15
 沸騰水型原子炉発電プラント炉内構造物の補修技術伊東 敬19
解説記事 
【規格動向】 
 「原子力発電所の設備診断に関する技術指針ー赤外線サーモグラフィー診断技術(JEAG 4223-2008)」の制定中村 茂雄・長谷川 彰25
【規格基準動向】 
 日本機械学会発電用原子力設備規格「材料規格」について村上 弘良30
保全学会活動報告 
 高経年化機器の状態監視のための新技術適用性調査検討」高橋 浩之・沖田 泰良36
 研究分科会の活動状況青木 孝行・楠 丈弘・落合 孝正 
技術論文 
 遠近両用マーカを用いた拡張現実感用広域トラッキング手法の開発石井 裕剛・藤野 秀則・顔 偉達・楊 首峰・下田 宏・泉 正憲42
分析論文 
 鞍形管台溶接継手における超音波探傷試験のき裂深さ測定誤差福冨 広幸・林 山・緒方 隆志51
各機関の動向 
 ITER機構職務環境の実際中平 昌隆56
会議報告 
 第7回保全セミナー ―状態監視技術の高度化に向けて―山口 篤憲・上坂 充・望月 正人・山下 卓哉・堀田 宏司60
会議報告 
 第5回状態監視技術機器故障予防技術に関する国際会議報告小島 史男64
 アジア保全技術情報交換会議山本 敏弘・内一 哲哉・高木 敏行66
海外便り 
 オバマ米国新政権における原子力政策について小澤 典明70
随想 
 建設工事と保全活動矢田 良男73
保全こぼれ話 
 経験は人生の宝物-京大臨界実験装置(KUCA)の建設での経験-中込 良廣76
    
 会議案内  日本保全学会 第6回学術講演会プログラム 79
 アカデミックカレンダー 91
 学術論文等に対する投稿規程・執筆要項 95
 「保全学」誌編集委員会名簿 97
 編集後記 98

もっと見る