保全学 Vol.5 No.2

会誌保全学Vol.5 No.2

クリックするとビュアーが開きます。
「•••」メニューからPDFダウンロードができます。

発行

2006.07.10

価格

2,619円(税込み)

 定期刊行誌「保全学」のスコープ 1
巻頭言 
 「原子力安全規制のさらなる向上に向けて」広瀬 研吉2
特集 
 「保全教養講座(保全のリテラシー)」開設に当たって保全講座タスクチーム3
解説記事 
【規格基準動向】 
 配管減肉管理に関する内外の動向稲田 文夫4
【リスク評価】 
 現代産業システムのリスクアセスメント論 講義シリーズ第3回

Lecture series of risk assessment methodologies for contemporary industrial systems No.3
平野 光将・福田 護10
【保全技術一般】 
 沸騰水型原子力発電所における低炭素ステンレス鋼の応力腐食割れの経過と教訓(3)二見 常夫18
【保全技術一般】 
 溶接変形と残留応力の基礎 残留応力と保全 -第1回-望月 正人24
学術論文 
 リスクベースの設備管理(1)最適化保全

Plant Engineering and Maintenance based on Risk Evaluations ?Strategic Solution for
Optimization Maintenance?
玉木 悠二31
 リスクベースの設備管理(2)リスク・マネジメントのための技術知識基盤の構築

Development of the Technology Knowledge Infrastructure for the Risk Management
太田 吉美・好永 俊明・仲 勇治・芝尾 紘一・玉木 悠二・川中 勉37
保全教養講座(保全のリテラシー)-第1回- 
 「保全」とはどんなこと保全講座タスクチーム46
各機関の動向 
 旭化成エンジニアリング株式会社のメンテナンス技術構築の歴史佐藤 信義53
 PD認証制度の発足にあたって神戸 弘巳59
会議報告 
 Quarterly Meeting of ASME Boiler and Pressure Vessel Code committees -May 15 to 19, 2006, Phoenix, Arizona-Owen Hedden63
 第3回「原子力安全のための社会技術」に関するワークショップ-平成18年2月21日(火)、東京大学弥生講堂一条ホール-長島 廣忠66
 第2回 日中原子力安全高級専門家情報交換会合会宮下 政高・小泉 博良68
随想 
 人的過誤に関する運転経験斯波正誼71
こぼれ話 
 規制こぼれ話中村 進74
  
 会議案内 第3回学術講演会プログラム77
 アカデミックカレンダー86
 学術論文等に対する投稿規程90
 執筆要領91

もっと見る