保全学 Vol.19 No.3

保全学 Vol.19 No.3

クリックするとビュアーが開きます。
「•••」メニューからPDFダウンロードができます。

発行

2020.10.10

価格

2,619円(税込み)

巻頭言:日本保全学会会長の就任にあたって(東北大学教授 日本保全学会会長 橋爪 秀利)

特集記事:「発電設備におけるIoT技術とビッグデータの活用」
(1)発電プラントや送電設備におけるIoT技術とビッグデータの活用:高木 敏行(東北大学)
(2)保全の維持を目指して【第一編】保全を維持する取り組み:黒岩 智樹・佐藤 尚史・松田 茂弘(株式会社JERA)
(3)保全の維持を目指して【第二編】保全の維持を目指す実例:尾崎 宏・阿部 貴秀・佐藤 尚史(株式会社JERA)
(4)インバリアント分析による火力発電プラントの状態監視~見えなかった状態の可視化によるメンテナンスの効率化~:相馬 知也(日本電気株式会社)
(5)デジタル技術による電力設備の保守運用高度化に向けた取り組み:田中 克郎(電源開発株式会社)
(6)近接目視点検用ドローンの試作:福冨 広幸(電力中央研究所)

もっと見る