第7回保全セミナー「状態監視技術の高度化に向けて」

第7回保全セミナー「状態監視技術の高度化に向けて」

日時:2009年3月27日
会場:学士会館

9:50-10:00開会の挨拶山口 篤憲(実行委員長/発電技検)
第一部基調講演座長:上坂 充(東京大学)
10:00-10:45振動とAE法による転がり軸受の診断吉岡 武雄(THK)
第二部状態監視技術への取組み座長:望月 正人(大阪大学)
10:45-11:25新検査制度と状態監視技術について前川 之則(原子力安全・保安院)
11:25-12:00状態監視技術の検証に基づく検査員研修の実施状況について前原 隆文(原子力安全基盤機構)
12:00-12:20CMT分科会報告「軸受劣化加速試験」上坂 充(東京大学)
第三部状態監視技術の現場適用にむけて座長:山下 卓哉(JAEA)
13:00-13:30ISO機械状態監視診断技術者資格認証制度岩壺 卓三(神戸大学)
13:30-14:00トライボロジーと資格制度似内 昭夫(玉川大学)
14:00-14:30サーモグラフィー適用の課題と電動弁診断技術の適用について長谷川 彰(原電)
14:30-15:00状態監視技術への取組みについて日隈 幸治(東芝)
第四部状態監視技術の適用実績と課題座長:堀田 宏司(四国電力)
15:15-15:45状態監視技術の適用実績と課題日笠 久和(旭化成エンジニアリング)
15:45-16:15サーモグラフィーの技術と適用実績について山田 浩文(サーモグラファー)
16:15-16:45舶用機器の状態監視例橋本 高明(トライボテックス)
第五部パネル討論座長:山口 篤憲(発電技検)
17:00-18:30「状態監視技術の有効性に関する徹底討論(そのⅡ)」
パネリスト:文能 一成(関西電力)、橋本 高明(トライボテックス)、和田 和実(新日本製鉄)、日笠 久和(旭化成エンジニアリング)
18:30-18:40閉会の挨拶

第7回保全セミナー
「状態監視技術の高度化に向けて」の開催にあたって

原子力発電所に対する新検査制度は本年1月1日に関係省令が施行され、4月1日以降に定期検査に入るプラントから随時保安規程が原子力安全・保安院に提出され、審査が行われている段階です。
この新検査制度においては、「現在停止中に集中している検査に加え、運転中の検査を強化していく」ことがポイントの一つであり、状態監視技術が占める役割は大きく、プラントの保全の質の向上に大きく貢献することが期待されているところです。
このような時期に「状態監視技術の高度化に向けて」と題してセミナーを行うことは非常に時機を得たものであり、関係各位に有益な情報を提供できるものと考えております。

第一部では、吉岡武雄様に「振動とAEによる転がり軸受けの診断」と題して、明治大学学術フロンティア推進事業のプロジェクトで蓄積された軸受試験等による豊富なデータに基づく診断技術について、講演をしていただきます。

第二部では、「状態監視技術への取り組み」というテーマに基づき、前川之則様に新検査制度における状態監視技術の位置付けについて、また前原隆文様に新検査制度実施後の状態監視保全に係る検査員の研修計画について、講演していただきます。さらに、上坂充様に日本保全学会で行っている軸受劣化加速試験の途中経過について報告していただきます。

第三部では、「状態監視技術の現場適用にむけて」というテーマに基づき、まずは技術者の資格認定制度の現状に関して、振動診断技術者の資格認定制度について岩壺卓三様に、トライボロジー技術者の資格認定制度について似内昭夫様に、講演していただきます。また、原子力業界における状態監視保全への取り組み状況について、長谷川彰様に原子力発電所での取り組み状況ついて、日隈幸治様にプラントメーカでの取り組み状況について、講演していただきます。

第四部では、すでに状態監視保全に長年取り組んでおられる産業界の現状について講演していただきます。武田展雄に航空機複合材料のヘルスモニタリング技術について、日笠久和様に化学プラントにおける状態監視技術について、山田浩文様にサーモグラフィー技術について、橋本高明様に舶用機器の状態監視技術について、それぞれ適用事例に基づいて現状と今後の展望等を紹介していただきます。

第五部では、パネル討論「状態監視技術の有効性に関する徹底討論(そのⅡ)」と題して、第4回保全セミナーでの「状態監視技術の有効性に関する徹底討論」を引き継ぐ形で議論を深めていきます。今回は状態監視保全に先駆的に取り組んでおられる産業界の方々をパネリストとしてお迎えしており、豊富なデータや貴重な経験に基づいた議論が行われるものと期待しています。

状態監視保全に取り組まれている各産業界の専門家の方々が一堂に会して情報交換できるこのセミナーは、状態監視技術の高度化/設備の信頼性向上に向けてまたとない機会だと思います。本セミナーが、産業界を横断して状態監視技術の情報共有化に向かう動きの一助になれば幸甚です。

最後に、講演者及び座長の方をはじめとして本セミナーにご協力いただいた方々及び関係機関に、心よりお礼を申し上げます。また、日本保全学会事務局の皆様には本セミナーの企画段階から大変お世話になりました。記して感謝の意を表します。

第7回保全セミナー実行委員長
(財)発電設備技術検査協会 / 山口 篤憲