第4回保全セミナー 状態監視技術と回転機器の故障防止

第4回保全セミナー 状態監視技術と回転機器の故障防止

日時:2008年3月28日
会場:全国社会福祉協議会・灘尾ホール

09:00-09:10開会の挨拶山下和彦(状態監視技術分科会主査/東京電力)
09:10-09:50基調講演 「状態監視技術とは」座長:山下和彦(東京電力)
豊田利夫(九工大)
Session 1状態監視技術の適用によって故障は減らせるか座長:清水高(中部電力)
09:50-10:30「新検査制度と状態監視技術への期待」福島章(原子力安全・保安院)
10:30-11:00「保全プログラムから見た状態監視技術の有効性について」千種直樹(関西電力)
11:00-11:30「状態監視技術の適用による故障軽減の可能性」青木孝行(日本原電)
11:30-12:00「電気事業者から見た状態監視技術の適用」設楽親(東京電力)
Session 2現場(火力・原子力・他産業)適用での経験と今後の課題座長:堀田宏司(四国電力)
13:00-13:30「油分析の実機適用」川畑雅彦(トライボテックス)
13:30-14:00「振動分析の実機適用」小林伸二(JFE)
14:00-14:30「状態監視技術の適用の勘所」迫孝司(四電エンジニアリング)
Session 3火力・原子力における保全の実情―国内外の事例
14:45-15:15「火力における状態監視技術の適用の現状」沼尻光一郎(JPEC)
15:15-15:45「米国における状態監視技術適用の考え方」西本隆直(アレバ)
15:45-16:15「中国における火力・原子力のメンテナンスの実情」応江科(テピア)
Session 4パネル討論司会:文能一成(関西電力)
16:30-18:00「状態監視技術の有効性に関する徹底討論」
パネリスト:川畑雅彦(油分析)、青木孝之(故障軽減)、堀田宏司(適用状況)、西本隆直(外国の例)、沼尻光一郎(火力)

第4回日本保全学会セミナー
「状態監視技術と回転機器の故障防止」の開催にあたって

前回の第3回セミナー「新検査制度の導入に向けて」では、平成20年度からの導入に向けて準備が進められている原子力発電所の新たな検査制度が取り上げられ、活発な意見交換が行われました。新検査制度のポイントの一つは「安全確保上重要な行為に着目した検査制度の導入」であり、そのなかで、「現在停止中に集中している検査に加え、運転中の検査を強化していく」ことが期待されています。
第4回となる今回のセミナーでは、新検査制度において導入が期待されている「状態監視技術」に焦点を当てます。しかし、「状態監視技術」といっても一括りで表せるものではありません。本セミナーでは、基調講演として豊田先生(九工大)に「状態監視技術とは」のテーマで講演いただき、方向付けをしていただきます。また、原子力安全・保安院の福島首席統括安全審査官には、「新検査制度と状態監視技術への期待」と題して、「状態監視技術」の導入により新検査制度の下で安全確保の一層の徹底が図れることへの期待感について講演していただきます。各セッションでは、各産業分野で状態監視技術の開発や現場適用に腐心されている技術者の皆様に講演いただき、以下のような疑問に関する情報を提供いたします。

  • 状態監視技術の適用によって、果たして故障は減らせるのだろうか?(セッション1)
  • これまでどのような技術がどの現場で適用されているのだろうか?またどういう課題が残されているのだろうか?(セッション2)
  • 発電プラントでの適用例はあるのだろうか?海外での実情はどうなっているのだろうか?(セッション3)

さらに、状態監視技術を有効にするための方策は何なのだろうかという観点からパネル討論「状態監視技術の有効性に関する徹底討論」(セッション4)を行います。ここでは、事前に参加者の皆様からいただいた質問に対する回答も含めて、徹底討論をしていただきます。
原子力プラントにおいて状態監視技術の必要性が声高に叫ばれていますが、現場への適用はこれからと言うのが現状で、むしろ原子力以外の産業での適用実績が先行していることは否めません。本セミナーでは、各産業界における関係者の方々が一堂に会して議論する又とない機会ですので、積極的に議論に加わり、状態監視技術の現状と課題を共有していただければ幸甚です。
最後になりますが、講演者及び座長の方をはじめとして、本セミナーにご協力いただいた方々及び関係機関に心よりお礼を申し上げます。また、日本保全学会事務局の皆様には本セミナーの企画段階から大変お世話になりました。記して感謝の意を表します。

平成20年3月28日
第4回日本保全学会セミナー実行委員長
(財)発電設備技術検査協会 / 山口 篤憲