第10回学術講演会-「新しい原子力安全確保に向けて」-

第10回学術講演会-「新しい原子力安全確保に向けて」-

概要
主 催日本保全学会
会 期2013年7月24日(水)・25日(木)・26日(金)
会 場千里ライフサイエンスセンター〔豊中市新千里東町1丁目4番2号〕(アクセス)
ホテル阪急エキスポパーク〔吹田市千里万博公園1-5〕(アクセス)
特別企画
一般公開
(無料)
日時:2012年7月24日(水)
会場:千里ライフサイエンス(5Fライフホール)
一般講演オーラルセッション、ポスターセッション、企業展示(詳細はこちら)
・一般講演(企画セッション含む)・ポスター発表・企業展示
・学生セッション
・産学協同研究公募
プログラム
講演資料の
アップロード
ユーザー名とパスワードが必要です。講演者各位に送付するご案内をご参照下さい。
講演申込締切2013年5月31日(金)
原稿提出締切2013年6月21日(金)
講演申込方法講演申込フォームよりお申し込み下さい
参加申込方法参加申込フォームよりお申し込み下さい
参加登録料【正会員】8,000円【学生会員】1,000円【一般学生】 2,000円
【法人会員】8,000円【一般参加】12,000円
【企業展示】 60,000円(1コマ)
懇親会日時7月25日(木)18:00~
参加費7,000円(学生は3,000円)
場所ホテル阪急エキスポパーク(アクセス)
問合わせ先日本保全学会事務局
東京都台東区池之端2-7-17 井門池之端ビル10F
電話:03-5814-5430 FAX:03-5814-6705
E-mail:secretariat@jsm.or.jp
一般講演・ポスター発表・企業展示

本年の学術講演会におきましては、従来通り保全科学・保全工学に関わる広範な研究発表を 募集するとともに、新しい原子力安全確保に向けて関心が高いと思われるテーマを選定した 企画セッションも用意しました。

会期2013年7月25日(木)9時~17時(予定)
2013年7月26日(金)9時~15時 (予定)
会場ホテル阪急エキスポパーク〔吹田市千里万博公園1-5〕(アクセス)
一般講演オーラルセッション、ポスターセッション
<募集テーマ>
①保全科学(保全理論、数理保全ほか)
②保全工学(検査システム、事故事象分析、保全シミュレータほか) 
③保全技術(材料技術、検査技術、劣化診断、溶接・補修技術、設計ツールほか) 
④保全社会学(リスク分析、ヒューマンファクター、コミュニケーションほか) 
⑤保全最適化(運転管理、保全品質、定期検査合理化ほか)
⑥保全規格基準(標準、ガイドラインほか)
⑦企画セッション
⑧その他の分野
企業展示
(有料)
詳細については保全学会事務局にお問い合わせ下さい。
参加登録料【正会員】8,000円【学生会員】1,000円【一般学生】 2,000円
【法人会員】8,000円【一般参加】12,000円
【企業展示】 60,000円(1コマ)
講演申込方法講演申込フォーム に必要事項をご記入ください。
講演申込締切2013年5月31日(金)
原稿提出締切2013年6月21日(金)
原稿提出要領講演原稿は、日本保全学会誌の執筆要項に添って、1ページ2000文字程度として2ページから6ページまでにまとめ、電子ファイルにてお送り下さい。
(カラー原稿は受付けませんのでご注意下さい)
書式は下記からダウンロードして下さい。学術報告のほか、技術報告も受付けます。
なお、日本保全学会誌のレギュラーペーパーとして投稿を希望される場合には、原稿を別途、提出お願いいたします。査読プロセスを経た後に掲載となります。
オンライン投稿日本保全学会では原稿のオンライン投稿を採用しています。
講演申込をされた方にユーザー名とパスワードを発行し、メールにてお知らせいたします。
本学会HPの学術講演会各ページ上部にあります「オンライン投稿」よりログインして下さい
講演申込先
参加申込先
日本保全学会事務局
〒110-0008 東京都台東区池之端2-7-17 IMONビル10F
Tel: 03-5814-5430, Fax : 03-5814-6705, E-mail : secretariat@jsm.or.jp
学生セッション
会期2013年7月25日(木)9時~17時(予定)
2013年7月26日(金)9時~15時 (予定)
会場ホテル阪急エキスポパーク〔吹田市千里万博公園1-5〕(アクセス)
開催趣旨学生の応募テーマで構成する「学生セッション」を設けます。同セッションは、オーラルとポスターで構成され、優秀な論文、発表者には学会長が表彰し、賞の付与を行います。
学生セッションの主旨は、このような学術講演会に多くの学生に参加して頂くことにあります。広く「保全」という分野に理解を得て頂くとともに、技術の深さ、研究課題の多さを知って頂き、興味を持って「保全」の研究や開発、設計技術に取り組んで頂けるようになることを願うものです。
募集テーマ<募集テーマ>(一般講演と同じ)
①保全科学(保全理論、数理保全ほか)
②保全工学(検査システム、事故事象分析、保全シミュレータほか) 
③保全技術(材料技術、検査技術、劣化診断、溶接・補修技術、設計ツールほか) 
④保全社会学(リスク分析、ヒューマンファクター、コミュニケーションほか) 
⑤保全最適化(運転管理、保全品質、定期検査合理化ほか)
⑥保全規格基準(標準、ガイドラインほか)
⑦特別セッション(内容については決まり次第掲載します)
⑧その他の分野
参加登録料学生会員: 1,000円
一般学生:   2,000円
講演申込方法講演申込フォーム に必要事項をご記入ください。
講演申込締切2013年5月31日(金)
原稿提出締切2013年6月21日(金)
原稿提出要領講演原稿は、日本保全学会誌の執筆要項に添って、1ページ2000文字程度として2ページから6ページまでにまとめ、電子ファイルにてお送り下さい。
(カラー原稿は受付けませんのでご注意下さい)
書式は下記からダウンロードして下さい。学術報告のほか、技術報告も受付けます。
なお、日本保全学会誌のレギュラーペーパーとして投稿を希望される場合には、原稿を別途、提出お願いいたします。査読プロセスを経た後に掲載となります。
オンライン投稿日本保全学会では原稿のオンライン投稿を採用しています。
講演申込をされた方にユーザー名とパスワードを発行し、メールにてお知らせいたします。
本学会HPの学術講演会各ページ上部にあります「オンライン投稿」よりログインして下さい
講演申込先
参加申込先
日本保全学会事務局
〒110-0008 東京都台東区池之端2-7-17 IMONビル10F
Tel: 03-5814-5430, Fax : 03-5814-6705, E-mail : secretariat@jsm.or.jp
産学協同研究公募
会期2013年7月25日(木)9時~17時(予定)
2013年7月26日(金)9時~15時 (予定)
会場ホテル阪急エキスポパーク〔吹田市千里万博公園1-5〕(アクセス)
開催趣旨日本保全学会として実施する研究活動への参画を公開の場でのこれまでの各専門分野での成果報告を参考に、今後取り組むべき研究の公募判断に役立てるものとします。
募集テーマ現在は、事故時の「状態監視」や運転プラントの「システム安全」に関しての研究活動を進めています。本企画においてさらに課題解決への提案を募集し、研究支援の判断とすることを予定しています。
<募集テーマ>(一般講演と同じ)
①保全科学(保全理論、数理保全ほか)
②保全工学(検査システム、事故事象分析、保全シミュレータほか)
③保全技術(材料技術、検査技術、劣化診断、溶接・補修技術、設計ツールほか) 
④保全社会学(リスク分析、ヒューマンファクター、コミュニケーションほか)
⑤保全最適化(運転管理、保全品質、定期検査合理化ほか)
⑥保全規格基準(標準、ガイドラインほか)
⑦特別セッション(内容については決まり次第ホームページに掲載します)
⑧その他の分野
参加登録料正会員8,000円学生会員1,000円一般学生2,000円法人会員8,000円一般参加12,000円
講演申込方法講演申込フォーム に必要事項をご記入ください。
*「一般講演申し込みフォーム」からお申込み頂けます。希望発表形式の「産学協同研究公募」を選択して下さい。
その他の項目は一般講演と同じ様に入力してください。
尚、講演は一般講演と同じセッション内で行われます。
講演申込締切2013年5月31日(金)
原稿提出締切2013年6月21日(金)
原稿提出要領講演原稿は、日本保全学会誌の執筆要項に添って、1ページ2000文字程度として2ページから6ページまでにまとめ、電子ファイルにてお送り下さい。
(カラー原稿は受付けませんのでご注意下さい)
書式は下記からダウンロードして下さい。学術報告のほか、技術報告も受付けます。
なお、日本保全学会誌のレギュラーペーパーとして投稿を希望される場合には、原稿を別途、提出お願いいたします。査読プロセスを経た後に掲載となります。
オンライン投稿日本保全学会では原稿のオンライン投稿を採用しています。
講演申込をされた方にユーザー名とパスワードを発行し、メールにてお知らせいたします。
本学会HPの学術講演会各ページ上部にあります「オンライン投稿」よりログインして下さい
講演申込先
参加申込先
日本保全学会事務局
〒110-0008 東京都台東区池之端2-7-17 IMONビル10F
Tel: 03-5814-5430, Fax : 03-5814-6705, E-mail : secretariat@jsm.or.jp
宿泊予約について

2日目以降の会場になります「ホテル阪急エキスポパーク」の部屋を、日本保全学会である程度抑えさせて頂いております。
ご宿泊ご希望の方は、下記の要領で「ホテル阪急エキスポパーク」へご連絡下さいますようお願い致します。

ホテルホテル阪急エキスポパーク
住 所〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1-5(アクセス)
TEL06-6878-5151
宿泊対象日7/24 及び 7/25
予約締切日宿泊2週間前(保全学会枠での確保分)
料金・シングル1名様8,000円(朝食付、税サ込)
・ツイン2名様14,000円(朝食付、税サ込)
*ツインシングルユース1名様12,000円(朝食付、税サ込)
・トリプル3名様18,000円(朝食付、税サ込)
予約方法・宿泊希望者はホテルへ直接予約の連絡を入れて下さい。
・ご予約の際に「日本保全学会に参加する」という言葉を必ず入れてください。
その他・保全学会確保分の部屋数には限りがありますので、先着順での予約受付になります。
・お支払いは、現金orカードどちらでも可能です。
・領収書発行も可能です。ホテル側へお伝え下さい。
プログラム