日本保全学会 事務局
東京都台東区池之端
2-7-17 IMONビル 10F
電話:03-5814-5430
FAX:03-5814-6705
secretariat@jsm.or.jp

プログラム 参加申し込み

第19回保全セミナー

―AI導入による保全の技術革新に向けて―

プログラム

開催日: 2019年2月19日(火) 10:00 - 18:00
会 場: 東京大学 浅野キャンパス 武田先端知ビル・武田ホール
(東京都文京区弥生2-11-16)
主 催:日本保全学会
タイムテーブル
※講演時間は暫定版です。今後、多少変更になる可能性があります。(2019/1/23現在)
※変更があった場合は随時更新いたしますので、[Ctrl]+[F5]にて、適宜、ページを更新いただけると幸いです。
(キャッシュが残りやすく、情報が古い場合もあります。上記操作で最新版のページが読み込まれます)
                  
10:00~10:10 開会挨拶

実行委員長 出町 和之(東京大学)

  1. 機械学習の概要と歴史               
10:10~10:45 ディープラーニングの工学問題へのアプローチ
- 物理法則の学習からき裂進展挙動の予測まで
和田 義孝(近畿大学)
  2. 電力事業者のAI適用               
10:45~11:20 ビッグデータを活用した故障予兆監視システムの開発

林 司 (中国電力)

11:20~12:05 米国CAP活動とAI活用

渡邉 邦道 (原子力安全推進協会)

12:05~13:10 昼食
  3.他産業におけるAI適用               
13:10~13:45 原子炉溶接部の超音波探傷検査へのAI活用(仮題)

細谷 直樹 (日立製作所)

13:45~14:30 原子力プラントにおけるサイバー・フィジカル・システム実現の取組

古川 智昭 (東芝ESS)

14:30~14:45 コーヒーブレイク
  4. 最新AI技術動向               
  4.1 認識技術
14:45~15:20 人や設備・施設など実世界を認識するAI技術のご紹介

宮野 博義 (NEC)

15:20~16:15 光学振動解析:動画からのインフラ診断技術

高田 巡 (NEC)

16:15~16:25 休憩
  4.2 予知保全技術
16:25~17:10

予知保全・故障予測
~実例で学ぶAIの実践的活用~

井上 道雄 (MathWorks社)

17:10~17:55 機械学習を自動化するDataRobotを活用した予知保全

坂本 康昭 (DataRobot社)

17:55~18:00 閉会挨拶 爾見 豊(関西電力)
18:10~19:50 懇親会

(武田ホールホワイエにて)


参加費:正会員・法人会員25,000円
非会員30,000円
学生(一律)5,000円
懇親会費:6,000円(一律)
日本保全学会 事務局
〒110-0008 東京都台東区池之端2-7-17
IMONビル10F
お問い合わせ:seminar19@jsm.or.jp