日本保全学会 事務局
東京都台東区池之端
2-7-17 IMONビル 10F
電話:03-5814-5430
FAX:03-5814-6705
secretariat@jsm.or.jp

プログラム 参加申し込み

第15回保全セミナー
原子力施設の安全性向上取組の最新動向
- 更なる安全をめざして -

 

プログラム
開催日: 2015年2月4日(水)10:00 - 17:30
会 場:東京大学浅野キャンパス 武田先端知ビル 武田ホール
(東京都文京区弥生2-11-16)
主 催:日本保全学会

プログラム
10:00-10:05 開会挨拶 今野隆博(日立GE)
 座長:山口篤憲(日本保全学会)第一部(現行規制の課題と提言)
10:05-10:50 現在の適合性審査の課題と提言 奈良林直(北海道大学)
10:50-11:35 原子力発電所の運転期間40年制限問題に関する規制の課題と提言 青木孝行(東北大学)
11:35-12:45 昼食(70分)
 座長:森下和功(京都大学)第二部(安全性向上への取組)
12:45-13:30 柏崎刈羽原子力発電所の新規制基準適合性審査への対応状況 川村慎一(東京電力)
13:30-14:15 原子力リスク研究センターの取組

示野哲男(電力中央研究所)

14:15-15:00 フィルタベントシステムの概要と必要性及び有効性について 伊藤秀一(日立GE)
15:00 -15:15 コーヒーブレイク(15分)
15:15-16:00 竜巻影響評価対応について 佐藤大輔(東北電力)
16:00-16:45 浜岡原子力発電所における火災防護対策への取り組み 奈良間雄(中部電力)
16:45-17:30 静的機器の多重化対応 今野隆博(日立GE)
17:30-17:35 閉会挨拶 増山 享(東芝)
17:50-19:50 懇親会(120分) 武田ホール「ホワイエ」にて
実行委員会
委員長 今野隆博
委員

森下和功、松澤 寛、増山 亨、山口篤憲、関 和也、横田昌樹、池田純也、多田伸雄、
最所丈博、沼田和也、佐藤 彰、須澤克則、堂崎浩二、西井由治、堀田宏司、高屋 茂、
出町和之、渡辺 豊、沖田泰良、遊佐訓孝、兼本 茂、福元謙一、鈴木賢治、望月正人、


参加費:会員25,000円
非会員30,000円
懇親会費:6,000円
日本保全学会 事務局
110-0008 東京都台東区池之端2-7-17
IMONビル10F secretariat@jsm.or.jp





第15回保全セミナー アクセス数
累積アクセス数:9369
本日アクセス数:8
()
主要ページ(トップ、保全潮流、分科会報告、学術講演会 等)
合計アクセス数

:684687
(2012年10月22日より集計)