日本保全学会 事務局
東京都台東区池之端
2-7-17 IMONビル 10F
電話:03-5814-5430
FAX:03-5814-6705
secretariat@jsm.or.jp

プログラム

第13回保全セミナー
原子力の新しい規制体制への期待

第13回保全セミナーにおける原子力規制庁の講演キャンセルについて
第13回保全セミナーでは、当初、「原子力規制委員会の取り組み」(原子力規制庁)と題した講演を予定していました。
ところが、その後、規制庁よりセミナーの収支等に関するチェックがあり、「利益のでるセミナーでは規制庁の職員は講演できない」との理由で、講演依頼を断られ、プログラム変更に至りました。
これに関して規制庁へ質問状を出し、電話による回答がありました。
この回答に納得しているわけではありませんが、会員の皆様へ事態の顛末をご報告いたします。
セミナーに関する規制庁への質問及び回答.pdf

趣旨

 福島第一原子力発電所の事故から2年近くがたち、いま原子力の新しい規制の概要が示されようとしている。今後、原子力発電所の安全を担保し、それを国民に示し、原子力発電所を再稼動するために、新しい規制に対して関係者がどのように向き合っていくかを考えたい。

プログラム

開催日 2013年2月1日(金)9:40 - 17:00
会 場東京大学浅野キャンパス 武田先端知ビル 武田ホール
(東京都文京区弥生2-11-16)
主 催日本保全学会

プログラム
9:40-9:45実行委員長ごあいさつ高木敏行(東北大学)
 第一部座長:高橋浩之(東京大学)
09:45-10 :30 原子力のあり方橘川武郎(一橋大学)
10:30-11 :15 わが国の原子力における安全文化とIAEA安全文化杉本泰治(日本技術士会)
11:15-12 :00 欧州ストレステストの結果伊藤邦雄(JANUS)
12:00-13:30 昼食(90分)
 第二部座長:望月正人(大阪大学)
13:30-14:15 日本にリスク評価に基づく規制が根付くために 杉山憲一郎(北海道大学)
14:15-15:00 世界で最も安全な原子力発電所の実現に向けた規制制度の課題諸葛宗男(東京大学)
15:00-15:45 原子力発電所の運転再開と安全基準について奈良林直(北海道大学)
15:45-16:00 休憩(15分)
 第三部座長:高木敏行(東北大学)
16:00-17:00 組織事故の視点と安全文化 柳田邦男(作家・評論家)

実行委員会
委員長高木敏行
委員山口篤憲、望月正人、青木孝行、鎌田徹、小島千秋、池田純也、伊東敬、最所丈博、
森下和功、沼田和也、田口耕世、佐藤彰、谷浦亘、堂崎浩二、櫻木太、堀田宏司、松澤寛、
一宮正和、高橋浩之、奈良林直、渡辺豊

参加費会員25,000円
非会員30,000円
懇親会費6,000円
日本保全学会 事務局
110-0008 東京都台東区池之端2-7-17
IMONビル10F secretariat@jsm.or.jp





第13回保全セミナー アクセス数
累積アクセス数:9477
本日アクセス数:1
(2012年12月12日より集計)
主要ページ(トップ、保全潮流、分科会報告、学術講演会 等)
合計アクセス数

:768623
(2012年10月22日より集計)