日本保全学会 事務局
東京都台東区池之端
2-7-17 IMONビル 10F
電話:03-5814-5430
FAX:03-5814-6705
secretariat@jsm.or.jp



「国内原子力発電所の津波対策とその評価」の公表について

 現在、我が国の全原子力発電所が津波に対する緊急対策を施しているにも拘わらず運転再開が困難な異常状態が続いています。大飯原発はどうにか運転再開にこぎつけたものの、ここに至るまでにどれだけの効率的でない時間と努力が費やされてきたか。このような困難は、「福島事故があまりにも大きい衝撃を国民に与えたため、原子力が政治的要因に強く影響され混迷の淵にあり、運転再開の見通しについて国民のはっきりした理解が得られていない状況にある」からだと考えられます。日本保全学会は、国民はもとより有識者に原子力保全技術の実態を知っていただくためにあらゆる努力を惜しんではならないと考えています。
 そこで、日本保全学会としては、保安院が昨年事業者に要請した原発の津波対策がどれだけ原発の安全性の向上に資するのかを世に判り易く示すことが重要かを認識しています。これまで各社が実施してきた津波対策を学会が評価し国民や有識者にはっきり理解して貰うための一助になればと、ホームページ上に評価結果を掲載することにしました。

( 全文表示 )

国内原子力発電所の津波対策の評価結果


伊方発電所 概要 伊方発電所 詳細 島根発電所 概要 島根発電所 詳細

*順次、各発電所の対策と評価結果を掲載していきます。




原子力発電所の津波対策 アクセス数
累積アクセス数:9746
本日アクセス数:2
(2012年10月23日より集計)
主要ページ(トップ、保全潮流、分科会報告、学術講演会 等)
合計アクセス数

:794465
(2012年10月22日より集計)