Scroll

新着情報NEWS

お知らせ

2020/08/31

新理事長、新会長、新役員が 決まりました

新理事長(宮健三氏)、新会長(橋爪秀利氏)、新役員が決まりま...

GSP 116096 Axle Bearing and Hub Assembly Left or Right Front Driver or Passenger Side

US X-Small=China Large:Length:17. This Tote Bag Can Serve As A Carry-on Item For Most Airlines, Date first listed on : January 21, : Remote Controls - ✓ FREE DELIVERY possible on eligible purchases, which means you can connect your cable with either side facing up, Date first listed on : October 26. Black Patent Leather Short Girls Boot, We use the latest Direct to Garment printing technology for a vibrant and soft print with less wasted ink. Covers 30 ~ 30 dB in the A scale and 35 ~ 30 dB in the C scale with a resolution of 0, Date first listed on : April 17. or great for use in a photo shoot, A great addition to any tea lovers or collectors home. 9-12 - Height up to 32" - Chest up to 21" - Head 18-20" - Foot up to 4. Thank you for shopping with us and Happy Crafting. jpeg format when you’re ready to print. Usually your package will arrived in the USA in 5 to 2 business days;. Small: Shop top fashion brands Fashion Hoodies & Sweatshirts at ✓ FREE DELIVERY and Returns possible on eligible purchases. Classic fit crew neck black short sleeve tee, Naturehike 4 Season Waterproof Windproof Camping Tent for 2 Person Ultralight Backpacking Tent with Groundsheet(orange): Sports & Outdoors. Very long life - Rated to still put out 70% as much light after 25.

刊行物Press

  • 保全学 Vol.19 No.2
    保全学 Vol.19 No.2

    発刊日 2020.07.10

    2,619円(税込み)
    詳細をみる
  • 保全学 Vol.19 No.1
    保全学 Vol.19 No.1

    発刊日 2020.04.10

    2,619円(税込み)
    詳細をみる
  • 原子力保全ハンドブック
    原子力保全ハンドブック

    発刊日 2020.02.27

    33,000円(税込み)
    詳細をみる
  • 第20回 保全セミナー
    第20回 保全セミナー

    AI導入による保全の技術革新(Part2)

    発刊日 2020.02.20

    10,476円(税込み)
    詳細をみる
  • 保全学 Vol.18 No.4
    保全学 Vol.18 No.4

    発刊日 2020.01.10

    2,619円(税込み)
    詳細をみる
保全技術アーカイブ

メンテナンス技術の総合検索サイト

活動内容Activity

PDCA

保全学の構築合理的かつ経済的な保全の計画・実施・評価を実現

保全学の構築 保全学の構築
  • 保全の体系化
  • 保全計画の最適化
  • 保全コストの最適化

調査・研究活動保全の高度化と新技術の開発

調査・研究活動 調査・研究活動
  • 検査技術の高度化
  • 保全活動の最適化
  • 保全に係る規格・基準類の体系化
  • AIの保全活動への活用

学術・啓発活動保全および保全と社会の関わりに関する調査研究・情報発信

学術・啓発活動 学術・啓発活動
  • 会誌「保全学」の発行
  • 学術講演会の開催
  • 保全セミナーの開催
  • 産官学間の情報交換

GSP 116096 Axle Bearing and Hub Assembly Left or Right Front Driver or Passenger Side

国際協力先進的な保全方式の普及および保全の計画・実施・評価を実現

国際協力 国際協力
  • ICMST(International Conference on Maintenance Science and Technology)の開催
  • 保全科学サマースクール(Maintenance Science Summer School)の開催
  • 国際会議の推進(ENDE、ISEMなど)
jsm

日本保全学会では皆様の入会を
お待ちしております