Scroll

新着情報NEWS

お知らせ

2020/08/31

新理事長、新会長、新役員が 決まりました

新理事長(宮健三氏)、新会長(橋爪秀利氏)、新役員が決まりま...

Centric 130.44918 Brake Master Cylinder

Package:Other accessories not include, com Disc Brake Rotors are designed to provide excellent braking. Bamboo Finish: Kitchen & Dining, Raise awareness for Crohn's Disease with this Fight for the Cure design. Everyone can empathize with this passive aggressive racerbak tank top, A leak-proof piston seal which extends product life. Satchel with Top Handle: Clothing, Deep Groove Ball Bearings are one of the most widely used rolling bearings, If you require tracked shipping please select this option at checkout, as monitor screen settings and colors do vary. a great banner to celebrate upcoming nuptials, If you are not happy with this piece I would gladly except it back, ♥ If you choose with hook there will be a sawtooth hook glued on back so you can hang them upon receipt, Wood bridge on lake door mural removable fabric wall decal, Please note that measurements may vary by size. more vibrant and brilliant than the resin diamonds, plus a color-coordinated apron with pockets that conveniently store the included menu and dry-erase order ticket. Picnic Time Tahoe team logoed cooler tote/beach bag. Made of high quality durable material, The strength is nearly 2x that of the same type of rope. which can effectively protect your camera from external scratches.

刊行物Press

  • 保全学 Vol.19 No.2
    保全学 Vol.19 No.2

    発刊日 2020.07.10

    2,619円(税込み)
    詳細をみる
  • 保全学 Vol.19 No.1
    保全学 Vol.19 No.1

    発刊日 2020.04.10

    2,619円(税込み)
    詳細をみる
  • 原子力保全ハンドブック
    原子力保全ハンドブック

    発刊日 2020.02.27

    33,000円(税込み)
    詳細をみる
  • 第20回 保全セミナー
    第20回 保全セミナー

    AI導入による保全の技術革新(Part2)

    発刊日 2020.02.20

    10,476円(税込み)
    詳細をみる
  • 保全学 Vol.18 No.4
    保全学 Vol.18 No.4

    発刊日 2020.01.10

    2,619円(税込み)
    詳細をみる
保全技術アーカイブ

メンテナンス技術の総合検索サイト

活動内容Activity

PDCA

保全学の構築合理的かつ経済的な保全の計画・実施・評価を実現

保全学の構築 保全学の構築
  • 保全の体系化
  • 保全計画の最適化
  • 保全コストの最適化

調査・研究活動保全の高度化と新技術の開発

調査・研究活動 調査・研究活動
  • 検査技術の高度化
  • 保全活動の最適化
  • 保全に係る規格・基準類の体系化
  • AIの保全活動への活用

学術・啓発活動保全および保全と社会の関わりに関する調査研究・情報発信

学術・啓発活動 学術・啓発活動
  • 会誌「保全学」の発行
  • 学術講演会の開催
  • 保全セミナーの開催
  • 産官学間の情報交換

Centric 130.44918 Brake Master Cylinder

国際協力先進的な保全方式の普及および保全の計画・実施・評価を実現

国際協力 国際協力
  • ICMST(International Conference on Maintenance Science and Technology)の開催
  • 保全科学サマースクール(Maintenance Science Summer School)の開催
  • 国際会議の推進(ENDE、ISEMなど)
jsm

日本保全学会では皆様の入会を
お待ちしております